【3月10日】「Pray for the EARTH 2013」おおおどるパフォーマンス・スーパーコラボレーション第三景「hardships」

pray_C4

(前回、第二景「elapsed time」(全四景)の記事はコチラ

静寂を突き破るかのようにヴァイオリンの音が響きます。

その音の背景には松本柳太郎さんのドンブリの共鳴音がしっとりとまとわりつきます。

pray_C01

ヴァイオリンを弾いてくださった北里大学の柿野亘先生。

わざわざ一度、美術館を出てヴァイオリンを取ってきて下さいました。

ありがとうございます!

pray_C2

哀しみにも似た美しい音色が、立ち尽くしていた部長の肉体に変化を与えます。

この第三景は部長がピンでおどります。

pray_C1

おどっている最中、津波が襲ってくるような気がして高い所に避難しました。

pray_C6

部長はおどる人なので、声を出しません。

お客さんの耳には届かないので、なんとかして見てもらうしかありません。

少しでも多くの人に見てもらうためにも、高い所に登りました。

pray_C5

募金箱に部長の全てを入れようとしましたが、私のカラダはどうやら大き過ぎたようです。

pray_C001

そんな部長を見かねてか、第二景のように部員の皆さんが集まり始めます。

これよりラスト、第四景が始まります。

次回へ続きます。

– – –

おおおどる部、随時部員募集中!

舞踊部員の他にも、音楽部員、制作・記録部員、野次馬部員も募集です。

集大成作品「おおおどるオペレッタ」を一緒に作りませんか?

詳しくは「おおおどる部」特設ページをご覧下さい。

秘密の部員専用ページもあります。