最後のおおおどるダンサーが決定!

namioka_

来月4月14日(日)に開催される「おおおどるオペラッタ」。

10人のダンサーが出演するノーボーダー隙だらけ超舞台でございますが、

昨日、とうとう10人目のダンサーが決定いたしました!

八戸市在住の浪岡さん。ありがとうございます!

このハードボイルドな風貌で、なんとツイストを踊ってくれます。

かなりのイケメンですので、特に女性の方は必見です。

これでオペラッタ出演ダンサーがやっと出揃いました。

部長、これでやっと安眠できます。

– – –

おおおどる部集大成超舞台「おおおどるオペラッタ」は4月14日(日)!

詳しくはWEBサイトで!

 

【おさらい①】

「おおおどる」とは?

「おお」(感嘆、大きいの意)+「おどる」(踊るの意)。

この世のすべては「おどり」であると大胆に定義。

鼻クソをほじるその手もおどっていて、ただ立ち尽くすそのカラダも実は心臓がバクバクとおどっていて、腐りゆくリンゴだって菌類がおどりながら繁殖していて、美術館という建物だって、設計士が鉛筆を紙におどらせ、工事の人が機械や工具をおどらせて出来てたりして、地球なんてもう数十億年もずっとローリングダンスをしているようなもので、まぁそんなことを想像してると大概ココロもおどっていたりします。

この世にはジャンル分けされた「おどり」もたくさんありますが、そんな境界なんてトビ超えて楽しくおどってしまおうというのが「おおおどる」です。

 

【おさらい②】

「おおおどるオペラッタ」とは?

「おおおどる」によって集まった「おおおどるダンサーズ」、「おおおどるサウンドオーケストラ」による、子どもからお年寄りまでカバーするキッチュなミュージカル的お芝居です。

「おおおどる」の定義に乗っ取り、歌うそのノドも、楽器を演奏するそのユビもすべて「おどり」であるということになります。

今回は開催地「十和田市」にちなみ、十人のダンサーを起用いたします。

題して「和田家の人々 〜十人十和田色〜 」でございます。

poster_21