常設作品

アッタ

椿昇

作品について

通りに面した前庭に、椿昇は突然変異的に巨大化した真っ赤なハキリアリの彫刻作品を展示しました。コスタリカの熱帯雨林に生息するハキリアリは、その攻撃的な風貌からは想像できませんが、森の木の葉を切り出し、菌床をつくってコノコを栽培し、それを食する農耕アリです。椿は、このハキリアリをロボットのように巨大化させることで、われわれには計り知れない多様性をもつ自然界の営みに目を向けさせると同時に、経済成長という強迫観念にしばられ、農業を危機に陥れた肥大化する現代の消費社会に警鐘を鳴らします。椿は、1980年代後半より、生物や有機体が突然変異的に膨張したようなカラフルな巨大彫刻をつくってきました。2001年の「横浜トリエンナーレ2001」では、全長55メートルの巨大なバッタのバルーンをホテルの壁面に出現させて、グローバリゼーション過信に警告を発するなど、近年は、社会に存在するさまざまな問題をポピュラーな昆虫の姿に寄生させ、メッセージ性の強い作品として発表しています。

アーティスト

椿昇 (日本)

1953年生まれ、京都出身。京都市立芸術大学西洋画専攻科卒業。京都在住。

1953年京都市生まれ。1980年代後半より、生物や有機体が突然変異で膨張したようなカラフルな巨大彫刻をつくってきました。十和田市現代美術館では、通りに面した前庭に巨大化した真っ赤なハキリアリの彫刻作品を展示しました。ハキリアリは、森の木の葉を切り出し、菌床を作ってキノコを栽培し、それを食する農耕アリです。このハキリアリをロボットのように巨大化させることで、計り知れない多様性をもつ自然界の営みに目を向けさせると同時に、既成概念にしばられ、画一化した現代の消費社会に警鐘を鳴らします。

オクリア

あっちとこっちと...

常設作品

アート広場

ストリートファニチャー