常設作品

松其ノ三十二

山本修路

作品について

山本修路は、展示室に囲まれた小さな中庭に、官庁街通りと緑の深い「松」をテーマにした作品を制作しました。ゲート状に枝や岩がたわみ、岩と松と芝とが一体化するかのように、土を盛り上げて作庭し、特別な命を吹き込まれた箱庭の宇宙をつくり上げました。山本の作品には、大学在学中から携わってきた庭師の仕事が大きな影響を与えています。彼が生み出す松は、どれもみな不思議な形をしていますが、これは庭師の仕事の中で学んだ、自然物を変化させ、新たな造形を生み出す、日本の伝統的な造園様式に基づいています。とはいえ、それは実際の松ではなく、FRPに着色してつくった彫刻で、松の葉も記号として描かれています。伝統的な形式は守りつつ、自然と人工を奇妙に混在させ、どこか擬人化して描くその表現は、作品を不可解で一層魅力的なものにしています。

アーティスト

山本修路 (日本)

1979年生まれ、東京出身。多摩美術大学油絵科卒業。東京在住。

1979年東京都生まれ。松や岩を制作する山本の作品は、大学在学中からアルバイトとして携わった庭師の仕事が大きな影響を与えています。自然の風景の再現に人工素材を使うことにこだわる態度は、自然物に対する敬意のあらわれです。また山本のつくりだす松は、どれもみな不思議な形をしていますが、年月をかけて自然物の形を変化させるという日本の伝統的な造園様式に基づいたものです。

フラワー・ホース

ミラー

常設作品

アート広場

ストリートファニチャー