常設作品

三途の川

オノ・ヨーコ

作品について

戦後のアート界において国内外を問わずもっとも重要なアーティストのひとりとして評価されるオノ・ヨーコ。その活動の幅は、従来の価値観にとらわれることなく、アート、音楽、パフォーマンス、映像と多岐にわたり、ジョン・レノンをはじめ、多くの人々に影響を与えてきました。十和田で、オノは代表作である《念願の木》を展示しています。これは、1996年から各地で行ってきた平和を祈願するプロジェクトで、観客が自分の願いごとを短冊に書き、木に吊るしていくという参加型の作品です。願い事を吊るす木には、オノにとって初期から重要な作品モチーフであり、青森の地域性も考慮したリンゴの木が選ばれました。短冊は、一年に一度オノの元に届けられ、アイスランドのレイキャビクにつくられた世界平和を祈念するモニュメント《イマジン・ピース・タワー》の台座におさめられます。中庭全体を使ったインスタレーションには、さらに玉石を川に見立てた作品《三途の川》や、京都の古寺から寄贈された鐘を用いた、実際に鳴らすことのできる《平和の鐘》も展示されており、従来の作品をさらに深化させた、十和田ならではの作品となっています。

アーティスト

オノ・ヨーコ (日本)

1933年生まれ、東京出身。ニューヨーク在住。

**

1933年東京都生まれ。オノ・ヨーコは美術、音楽、パフォーマンスなどさまざまなジャンルを横断する国際的なアーティストとして、ジョン・レノンをはじめ多くの人々や社会に大きな影響を与え続けてきました。十和田市現代美術館では、自分の願いを紙に記し、木の枝に吊るしていくことで作品が完成する参加型の作品『念願の木』を展示しています。さらに中庭全体を作品空間とし、玉石を川に見立てた作品「三途の川」や、大覚寺から寄贈された鐘を用いた、実際に鳴らすことのできる「平和の鐘」も展示されています。

念願の木

平和の鐘

常設作品

アート広場

ストリートファニチャー