開催予定のイベント

まちなか交流イベントスペース
十和田市現代美術館ライブラリースペース
オープンのためのワークショップ

2017年03月25日(土) 10:00 - 2017年03月30日(木) 17:00

イベントについて

2017年4月より、十和田市の中心商店街の一角に交流イベントスペース(名称未定)がオープンします。

2017年4月より、十和田市の商店街の一角に、現代美術館と商店街を結びアートを発信する拠点地、交流イベントスペースがオープンします。交流イベントスペースは、地域の皆さま、近隣の小中学生、高校生や大学生など、子どもから大人まで、多くの方に自由に利用いただけます。ゆっくりお話をしたり、本を読んだり、待ち合わせをしたり。イベントやワークショップを企画し、開催することもできるスペースになる予定です。

交流イベントスペースの一角には、美術館の蔵書の一部を閲覧できるライブラリースペースを設置します。
美術館がこれまで蓄積してきたアートやデザインを中心とした書籍や資料を、皆さまと共有できる場です。
子どもや子育て中の方、学生、社会人、シニアの方まで、多世代がアートや本を介して繋がり、集えるコミュニティースぺースとしても活用していく予定です。アーティストと地域の皆さまだけでなく、ジャンルや世代の枠を超えた交流のきっかけとなるようなプログラムを実施します。

交流イベントスペースは、地域の方と共に「場づくり」をすることから始まります。
第一弾として、アーティスト 津田翔平によるワークショップを開催いたします。

チラシ(PDF)のダウンロードはこちら

概要

名称

まちなか交流イベントスペース
十和田市現代美術館ライブラリースペース
オープンのためのワークショップ

会期・日時

2017年03月25日(土) 10:00 - 2017年03月30日(木) 17:00

主催

十和田市(地域おこし協力事業)、十和田市現代美術館

アーティストによるワークショップ
~スペースの今後を考える&棚をつくる~

日時

2017年3月25日(土)10:00-14:30

ゲストアーティスト

津田翔平(Shohei Tsuda)

場所

青森県十和田市稲生町14-54(吉田種苗店となり)

募集人数

8~10名程度 ※対象年齢:中学生以上(中学生は保護者同伴)

作業内容

スペースの使い方を考える、古い家具の解体、やすりがけ、簡単な組み立て等
※作業しやすい服装でご参加ください。

公開制作

日時

2017年3月26日(日)-3月30日(木)11:00-17:00

場所

青森県十和田市稲生町14-54(吉田種苗店となり)

内容

津田翔平による公開制作

スペース内はご自由にご覧いただけます。
ぜひ遊びにいらしてください!

ゲストアーティスト プロフィール

津田翔平|Shohei Tsuda


1986年東京都生まれ/茨城県在住。芸術家、実験建築家、グラフィックデザイナー、ノイズレーベルUNNOISELESS主宰、映像ユニットIN/AWT所属。
空間における個人の存在を探究する実験や、既にそこに在る事象を志向/拡張することで意識と無意識を反転させる作家。多次元空間を紡ぎ出すかの様に制作された作品群には、一貫して解体/測量/再構築といわれる建築的要素が含まれている。表現方法は建築・インスタレーション・絵画・彫刻・映像・音楽・ライブパフォーマンス・グラフィックデザイン・ノイズ音源のリリースなど多岐にわたる。
www.shoheitsuda.net

お問い合わせ・お申し込み

十和田市現代美術館まで電話、FAXまたはE-mailよりお申し込みください。
電話  0176-20-1127
FAX  0176-20-1138 
E-mail info@towadaartcenter.com

メールの場合、件名にイベント名、本文に氏名・電話番号・人数等明記の上、お申し込みください。当館からの返信をもって予約完了となります。