過去のイベント

キュレーターズトーク

2017年08月26日(土) 13:00

イベントについて

横尾忠則の代表的な「瀧」シリーズのルーツとも言われている奥入瀬渓流。まさに原点とも言えるここ十和田の地で開催される展覧会です。
1981年にグラフィックデザイナーからアーティストに転向した横尾忠則が「瀧」シリーズを最初に発表したのが、小池一子が創りあげたオルタナティブスペース「佐賀町エキジビット・スペース」でした。ともに日本のアートシーンを創りあげ「クリエイティブ」を追求し続けてきた2人。
このトークでは、本展企画者である館長の小池と、共同企画者でありインディペンデント・キュレーターの金澤が、瀧シリーズの発表された時代状況を中心に、横尾忠則について語ります。

※無事に終了いたしました。当日の様子は下記「レポート」をご覧ください。

概要

名称

キュレーターズトーク

会期・日時

2017年08月26日(土) 13:00

会場

十和田市現代美術館 市民活動スペース

対象

どなたでも

※定員になり次第、募集を終了いたします

料金

無料※事前申込優先、要企画展チケット

登壇者

小池一子(当館館長、本展キュレーター)
金澤 韻(本展コ・キュレーター)

定員

70名

お申込

電話、FAXまたはE-mailよりお申し込みください。

電話 0176-20-1127
FAX 0176-20-1138 
E-mail info@towadaartcenter.com

メールの件名にイベント名、本文に氏名・電話番号・人数を明記の上、お申し込みください。
当館からの返信をもって予約完了となります。

レポート

8月26日13時から15時まで「横尾忠則 十和田ロマン展 POP IT ALL」関連イベント「キュレターズトーク」を開催致しました。
展覧会企画者の館長の小池と、共同企画者でありインディペンデント・キュレーターの金澤との対談を行いました。
本展覧会の内容を中心に、横尾氏のこれまでの活動、共に歩んできた小池だからこそ知る横尾氏の話など、会場でしか聞けない内容におこしいただいたお客様にも喜んでいただきました。
たくさんのお客様におこしいただき、ありがとうございました。