過去の企画展

都市の記憶 和田光弘写真展

2008年09月13日(土) - 2008年10月19日(日)

企画展について

十和田市の「街」の記憶を切り取ってみたい、という思いから、写真展「都市の記憶」は動き出しました。常に全国から注目を集める日本有数の観光地である十和田湖~奥入瀬渓流を擁する当市において、大自然をテーマとした写真展や絵画展はこれまでにも開催されてきました。

本展では十和田市の中心市街地・都市部、また人々の生活や日常に視点を定め、写真作品により時間と空間を追いました。街に溶け込む建物や路地、歴史を伝える祭りや行事、雪の降り積もる冬や緑が生い茂る夏を過ごす人々などを日常の視点を通じ展示しました。現在進行形の市内の様子から、もうすでに無くなってしまった風景までも同時に展示することにより、よみがえる思い出、重なるイメージ、そして未来へつながる「記憶」の波を感じていただくことを目的としました。市の人口のうち約半数が住み生活を営む「街」の魅力の再発見につながればと思います。

展示を構成する写真は、市を代表する写真家・和田光弘氏が撮影。この展覧会用に撮り下ろした作品から、これまで撮りためていた貴重な記録写真までを網羅する構成となりました。展示された写真群は作品を超えて「人と街」の記憶を次の世代へともつなげてゆく貴重な1コマになり、人々の心に足跡を残してゆくことを期待します。

アーティスト

和田光弘
昭和22年十和田市生まれ。写真家、日本大学芸術学部写真学科講師、女子美術大学短期大学部講師、日本写真家協会会員、日本写真芸術学会会員、新写真派協会常任委員

写真集:昭和58年『ねぶた』講談社
平成4年『北の望楼』青森県十和田地区事務組合消防庁舎落成記念祝賀実行委員会
平成7年『駒街道』十和田市

概要

名称

都市の記憶 和田光弘写真展

会期・日時

2008年09月13日(土) - 2008年10月19日(日)

会場

十和田市現代美術館 企画展示室

関連イベント

関連イベントはありません。