ラファエル・ローゼンダール
GENEROCITY 寛容さの美学

2018年02月10日(土) - 2018年05月20日(日)

企画展について

インターネット・アートの代表的存在
ラファエル・ローゼンダールの世界初となる美術館での個展

※Main photo image : Much Better Than This, Times Square Midnight Moment, New York, 2015  Photography by Michael Wells
※展覧会詳細や関連イベントの情報は、随時更新いたします。

アーティスト

Rafaël Rozendaal(ラファエル・ローゼンダール)

1980年オランダ生まれ/米国在住。インターネット・アートの代表的存在。シンプルな造形と動き、象徴的な色彩、遊び心に満ちたプログラム映像とインタラクションをウェブ上で発表し、それらを用いたインスタレーションや、絵画、タペストリー作品などを現実の展示空間でも展開してきた。ヴェネツィア・ビエンナーレをはじめとする世界的な国際展への出品、またポンビドゥーセンター(パリ)、ステデリック・ミュージアム(アムステルダム)等、著名な美術館での展覧会多数。中でも、2015年のニューヨーク、タイムズ・スクエアの電光掲示板を使ったインスタレーションは特に有名。日本との関わりも深く、2009年にAITレジデンシープログラム参加を皮切りに、Takuro Someya Contemporary Artでの個展(2010、2016、2017)、カルバン・クラインとのコラボレーションイベント(2012)、「セカイがハンテンし、テイク」(川崎市市民ミュージアム、2013)、茨城県北芸術祭(2016)で作品を発表。彼の俳句作品は2013年の展示をきっかけに始められた。

概要

名称

ラファエル・ローゼンダール
GENEROCITY 寛容さの美学

会期・日時

2018年02月10日(土) - 2018年05月20日(日)

会場

十和田市現代美術館

開館時間

9:00~17:00
(入場は閉館の30分前まで)

閉館日

月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)
ただし、2018年2月12日(月)、4月30日(月)は開館。

観覧料

企画展+常設展セット券1000円。企画展の個別料金は一般600円。
団体(20名以上)100円引き。高校生以下無料。

主催

十和田市現代美術館

関連イベント


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/towada/towadaartcenter.com/public_html/wordpress/wp-content/themes/towadaartcenter/_element/_element-archive-events.php on line 3

ラファエル・ローゼンダール
GENEROCITY 寛容さの美学
関連イベントの詳細は後日発表いたします。

2018年02月10日(土) 09:00