Japanese

 

特別展

2014年2月1日(土)− 3月30日(日)

展覧会一覧exhibition.htmlexhibition.htmlshapeimage_2_link_0

十和田市現代美術館 開館5周年記念展 vol.3

十和田市現代美術館は、この冬「妹島和世 + 西沢立衛 SANAA 展」を開催いたします。

開館5周年を迎える十和田市現代美術館の建築は、今や日本を代表する建築家の西沢立衛による設計です。建築は、まさに十和田市現代美術館がミッションに掲げる「まちに開かれた美術館」そして「アートを通した新しい体験を提供する美術館」を表し、地域における創造の現場として存在しています。

本展では、西沢立衛が妹島和世とユニットを組むSANAAとしての活動および妹島、西沢個人のプロジェクトを一堂に紹介する展覧会となります。世界中で手がけてきた美術館建築を中心としたおよそ40点の模型やドローイング、映像により、新しい時代の建築のあり方、地域と建築の関わりを提示します。

会  場 = 十和田市現代美術館

開館時間 = 9:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)

閉館日  = 月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)

観覧料  = 企画展+常設展セット券900円。

      企画展の個別料金は一般500円。

      常設展の個別料金は一般500円。

      団体(20名以上)100円引き。高校生以下無料。

主  催 = 十和田市現代美術館

助  成 = 芸術文化振興基金

後  援 = 東奥日報社、デーリー東北新聞社、青森放送、

      青森テレビ、青森朝日放送、十和田市教育委員会

会場構成 = 西沢立衛

妹島和世 + 西沢立衛 SANAA 展

〜まちをかえる建築〜

西沢立衛によるステートメント

十和田市現代美術館開館5周年記念事業として開催されるSANAA展の会場構成を、西沢立衛建築設計事務所で担当した。展覧会の会場としては、十和田市現代美術館の空間の個性を考えて、企画展示室だけでなく休憩スペース、回廊等を活用する展覧会とした。展示物はsanaaのプロジェクトと妹島、西沢個人のプロジェクトを同時に展示するというもので、それによってsanaaの建築世界の広がりを表現しようと試みた。展示物の形式は、模型と図面、スケッチ、動画という、どれも単純なものである。それらはどれも、建築家が仕事の現場で日常的に用いるツールであり、建築表現にとってもっとも基本的な言語である。そのような基本的材料を用いることで、建築家の考え方や、建築創造現場におけるイマジネーションの広がりを示せれば、と考えた。

妹島和世(せじまかずよ)

建築家。1956年茨城県生まれ。1981年日本女子大学大学院修了。伊東豊雄建築設計事務所を経て、1987年妹島和世建築設計事務所設立。1995年〜西沢立衛とSANAA設立。


西沢立衛(にしざわりゅうえ)

建築家。横浜国立大学大学院建築都市スクールY-GSA教授。1966年東京都生まれ。1990年横浜国立大学大学院修士課程修了。同年、妹島和世建築設計事務所入所。

1995年〜妹島和世と共にSANAA 設立。1997年西沢立衛建築設計事務所設立。


SANAA

1995年妹島和世と西沢立衛の共同事務所として設立。建築のみならず、インテリアデザイン、都市計画、展覧会や家具のデザイン等にも携わっている。国内外で活動し、近年の代表作は金沢21世紀美術館、トレド美術館ガラスパビリオン、ニューミュージアム、ROLEXラーニングセンター、ルーヴル・ランスがある。現在、ラ・サマリテーヌ、ベツァレル美術学校等が進行中。


主な受賞にヴェネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展金獅子賞、第46回毎日芸術賞建築部門、日本建築学会賞、日本建築大賞、芸術選奨文部科学大臣賞美術部門、プリツカー賞等。

©TAKASHI OKAMOTO

西沢立衛 によるトーク

出演:西沢立衛

日時:2014年2月1日(土)14:00-15:30(開場 13:30)

会場:十和田市現代美術館 市民活動スペース ※会場が変更になりました。ご注意ください。

定員:30名(事前予約の方を優先します。予約は十和田市現代美術館まで。)※このイベントは定員に達しました。好評につき館内にてトークの模様をライブ配信いたします。予約不要。

料金:無料(要展覧会チケット。ただし高校生以下は不要)

「妹島和世 + 西沢立衛 SANAA によるトーク」を実施予定でしたが、都合により妹島和世さんがご出演できなくなりました。楽しみにされていた皆様には深くお詫び申し上げます。西沢立衛さんは予定通りご出演になります。

西沢立衛、大友良英によるトーク・セッション

「オーケストラ 青い森!」でもおなじみ、音楽家の大友良英さんをお招きし、建築家と音楽家の視点の交差により、拡張する現代美術の領域についてスライドや映像、実現を交えて、お話いただきます。大友良英さんによる特別ライブも開催。

出演:西沢立衛、大友良英

日時:2014年2月16日(日)14:30-16:00(開場 14:00)

会場:十和田市現代美術館 休憩スペース

定員:30名(事前予約の方を優先します。予約は十和田市現代美術館まで。)※このイベントは定員に達しました。

料金:無料(要展覧会チケット。ただし高校生以下は不要)

企画協力:ボタニカ

※当日、事前予約を承っておりました方よりキャンセルがございました場合、当日席をいくつかご用意いたします。

席に限りがございます。また、キャンセルが無かった場合当日席のご用意はありません。何卒ご了承くださいませ。

キャンセル待ちの整理券は、トーク会場前にて14:00 から配布いたします。

[ イベント情報 ] ※各イベントの出演者及び内容は変更になる場合がございます。

大友良英によるスペシャルライブ

OTOMO YOSHIHIDE Special Live in TOWADA

美術館が1日限りのライブ会場に!西沢立衛さん設計の十和田市現代美術館の響きを生かした、大友良英さんによる音の世界をお楽しみください。

出演:大友良英 

日時:2014年2月16日(日)17:30-19:00(開場 17:00)

会場:十和田市現代美術館 休憩スペース

定員:(要事前予約)

料金:2000円(ワンドリンク込み)

企画協力:ボタニカ

ARCHITECTURE + ART + DANCE

「美術館とダンスする」をテーマに大人と子どものワークショップと世界で活躍する今津雅晴によるダンス・パフォーマンスを開催します。

講師:今津雅晴(ダンサー、ジャイロキネシストレーナー)

日時:

●ダンス・パフォーマンス = 2014年月3月29日(土)15:00-15:30 ※パフォーマンスの時間が変更になりました。

 ※予約不要

●ワークショップ = 2014年月3月30日(日)1回目=13:00-14:30 / 2回目=15:00-16:30

 ※ワークショップ参加者を募集します。

  対象:小学生以上

  定員:各15名(要予約。予約は十和田市現代美術館まで。)

 ※参加の際にご用意いただくことがございますので、申込の際にEmailまたはFAX番号をお伺いします。

 ※ワークショップに参加される方はパフォーマンスをご覧いただくことをおすすめします。

料金:無料(要展覧会チケット。ただし高校生以下は不要) 

フルート演奏:前田樹里

企画協力:TRAUMARIS

大友良英(おおともよしひで)

音楽家/ギタリスト/ターンテーブル奏者/作曲家/映画音楽家/プロデューサー。1959年横浜生まれ。十代を福島市で過ごす。常に同時進行かつインディペンデントに即興演奏やノイズ的な作品からポップスに至るまで多種多様な音楽をつくり続け、その活動範囲は世界中におよぶ。映画音楽家としても数多くの映像作品の音楽を手がけ、その数は70作品を超える。近年は「アンサンブルズ」の名のもとさまざまな人たちとのコラボレーションを軸に展示する音楽作品や特殊形態のコンサートを手がけると同時に、障害のある子どもたちとの音楽ワークショップや一般参加型のプロジェクトにも力をいれている。2011年の東日本大震災を受け、遠藤ミチロウ、和合亮一とともにプロジェクトFUKUSHIMA ! を立ち上げる。2012年芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門を受賞。2013年NHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」の音楽で多忙を極める。著書多数。

今津雅晴(いまづまさはる)

1974年1月4日生まれ、千葉県銚子市出身。

パントマイム、コンテンポラリーダンスなどを学び、本田重春氏、江ノ上陽一氏、木佐貫邦子氏に師事。SOUKI、néo、レニバッソ、コンドルズ、M-laboratoryなど、国内外での公演に参加。

1998年『すさのお異伝』(勅使河原宏総指揮)、2000年『CJ8』(ルィーズ・べダール作品)、2002年『Human gate』(島崎徹作品)、2003年『no・mad・ic project』(金森穣作品)、『EXPECT』(木佐貫邦子作品)、『Finks』(北村明子作品)、新国立劇場オペラ『マクベス』(野田秀樹演出)などにも参加、活動の場をダンスのみならず様々なジャンルへと広げる。

2005年、文化庁在外研修員として、カナダ(モントリオール)に滞在。ルィーズ・ルカヴァリエ(元 ラララ・ヒューマン・ステップス)とのデュエット作品『Cobal Rouge』(振付テッド・ロビンソン)が世界各国で好評を博し、カナダ・ジェネラルアワードにも参加。

さらに、ANIMALS OF DISTINCTION、La danse sur les routes du Québecに参加、2008年よりカンパニー・マリー・シュイナールに参加。数々の作品を踊り、2009年に行われた日本公演にも参加する。

2010年、スイス・チューリッヒでの『Kokuu Project』(平敷秀人作品、ダンストリエンナーレトーキョー2012参加)、カナダ・バンクーバーでの『Heart as arena』(ダナ・ジャングラス作品)、12年、ベルギー・ブリュッセルでは、サイード・ガルビ(元ウルティマ・ヴェス、盲目のダンサー)と共同制作『Fairy mix』(アナ・ステグナー作品)を発表。

2013年、神奈川県民ホール オープンシアター2013「音楽物語 サン=サーンス 動物の謝肉祭」出演、富士山アネット「ヴォイツェクW」にヴォイツェク役で出演。またソロ作品「疾走」(セッションハウス)を発表。そのほか、奈良県大和郡山の旧遊郭建築でのダンス公演などに参加。

国境の枠を越え、身体の可能性に常に挑戦し続けている。多彩な振付家の作品で踊る傍、1999年より数々の自主作品を発表し、独特かつ独自の世界を追求する。

またカナダにて、Gyrotonic、Gyrokinesis のトレーナーとしての免許を取得する。 

各イベントのご予約は、電話またはメールでお申し込みできます。

お申し込みの際に参加するイベント、お名前、電話番号をお知らせください。

tel : 0176-20-1127

mail : info@towadaartcenter.com

※一両日中に返信が無い場合は、メールが正しく受信されていない場合がございます。お手数ですが再度お申し込みください。

↑ 画像クリックでダウンロードできます。

《西沢立衛、近藤哲雄、日高恵理香による鼎談》スペシャルトーク開催日時変更のお知らせ 

現在、十和田市では中心商店街に西沢立衛さんを監修者に迎え、新たなストリートファニチャーを設置するプロジェクトを実施しています。西沢立衛さん、ストリートファニチャーの作者である建築家の近藤哲雄さん、日高恵理香さんをお招きし、都市と建築について語っていただきます。


日時:2014年3月30日(日)15:30-17:00(開場 15:15)

会場:十和田市現代美術館 市民活動スペース 

定員:60名(事前予約の方を優先します。)

料金:無料(要展覧会チケット。ただし高校生以下は不要)

※予約は前日3/29までに十和田市現代美術館まで(tel : 0176-20-1127 mail : info@towadaartcenter.com

※当日お席に余裕がある場合に限り、当日席をご用意いたします。

当日席の整理券は14:30から15:00まで会場前にて配布いたします。席数には限りがございます。予めご了承ください。

スケジュールschedule.html
特別展exhibition.html
イベントevent.html
アクセスaccess.html
ブログblog.html
常設作品collection.html
美術館についてmuseum.html
ご利用案内info.html
プレスpress.html
リンクlink.html
カフェ&ショップhttp://towadaartcenter.com/web/cafe&shop.html