Japanese

アクセスaccess.html
 

特別展

2014年10月4日(土)− 10月19日(日)

展覧会一覧exhibition.htmlexhibition.htmlshapeimage_3_link_0

ポコラート宣言2014 / 十和田展

ポコラート全国公募展とは

アーツ千代田 3331は障害の有無や年齢、経験に関わらず誰もが集い、対話ができる「場」を目指し、様々な活動を行ってきました。中でも、「ポコラート全国公募」では作品の公募を通して、人と人、人と作品、異なる感性に出会うことで、「人間」や「アート」についての問いかけを生み出していくことを目指してきました。

「ポコラート全国公募」は、2010年に千代田区とアーツ千代田 3331の障がい者アート支援事業として始まりました。

会  場 = 十和田市現代美術館

開館時間 = 9:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)

閉館日  = 月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)

観覧料  = 大人600円、団体(20名以上)100円引き

       高校生以下、障害手帳をご提示の方とその付添者無料

主  催 = [社]非営利芸術活動団体コマンドN

共  催 = 十和田市現代美術館、アートNPOゼロダテ、藁工ミュージアム

助  成 = 日本財団

協  力 = アーツ千代田 3331

チラシのダウンロードはこちらexhibition_pocorart_files/pocolart.pdfexhibition_pocorart_files/pocolart%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7.pdfshapeimage_4_link_0

この度、東京のアーツ千代田3331で好評を博した展覧会『ポコラート宣言 2014』(略称)が2014年10月から2015年1月にかけて、全国3カ所(青森県、秋田県、高知県)を巡回する運びとなりました。本展はアーツ千代田 3331において2010年より開催されてきたポコラート全国公募展に寄せられた延べ4,820作品・2,292人の作家の中から54人の作家を選び、ポコラート史上の傑作が十和田市現代美術館をはじめとする東北地方2カ所に巡回します。

過去4回の全国公募展に寄せられた4820点の作品の中から選りすぐりの作品を展示

カズ・スズキ『滴る魂』

撮影 宮島径

トークショー

「いま、ポコラートが熱い!?」


日時:10月19日(日)14:00~15:30

場所:十和田市現代美術館 休憩スペース(カフェ)

定員:25人(先着順)

登壇者:嘉納礼奈(ポコラート事務局)

    藤浩志(十和田市現代美術館館長)

    小澤慶介(十和田市現代美術館チーフ・キュレーター)



「ポコラート」は、誰もが参加できるひらかれたアートの場。

それは、アーティストの表現はもとより、専門的な美術教育を学んでいない人の表現にもすごいものがあるということ。

本トークでは、なぜいま「ポコラート」が熱いのか、またその魅力とはどのようなものかについて、美術館の展示作品をとおして迫ります。

すべての人がアーティストになれるかも。

そんな「ポコラート」の可能性をともに探ってみませんか?


スケジュールschedule.html
特別展exhibition.html
イベントevent.html
アクセスaccess.html
ブログblog.html
常設作品collection.html
美術館についてmuseum.html
ご利用案内info.html
プレスpress.html
リンクlink.html
カフェ&ショップhttp://towadaartcenter.com/web/cafe&shop.html