開催予定のイベント

青森アートミュージアム5館連携トークイベント
アート県/圏「青森」の挑戦!!

青森アートミュージアム5館連携協議会主催イベントです。

2020年10月31日(土) 13:30 - 15:30


イベントについて

新世紀に生まれた美術館、”アートの力”を考える

新世紀に入り、美術館の役割やアートの可能性は拡張し、文化振興政策や文化施設の諸活動が地域振興に貢献しています。さらにコロナ禍において既存の経済指標や働き方の変革が余儀なくされる今、アートのチカラは重要です。青森県では、青森公立大学 国際芸術センター青森、青森県立美術館、十和田市現代美術館、弘前れんが倉庫美術館、(仮称)八戸市新美術館の5つの施設が、2000年以降に改修/開館されており、この事実は、文化・芸術が地域再生や経済発展に多大な貢献をする力があることを示す根拠と言えるでしょう。そこで、”ニューノーマル――新しい日常”が希求される時代に、創造的な連携の結節点となって社会の活力を高める磁場となる5館が、アート県「青森」の挑戦を始動させます。キックオフとなる本フォーラムでは、皆さんとともに、今そして未来を志向する機会になれば幸いです。

<イベントスケジュール>
※受付・開場は13時です。
【1部】
・基調講演「新しい時代のアートの未来」
 エヌ・アンド・エー株式会社 代表取締役 南條史生

・青森アートミュージアム5館連携協議会の紹介
 青森県立美術館 館長 杉本康雄
 国際芸術センター青森 公立大学法人青森公立大学理事長 八桁幸男
 十和田市現代美術館 館長 鷲田めるろ
 弘前れんが倉庫美術館 館長 三上雅通
 (仮称)八戸市新美術館 八戸市副市長 田名部政一

【2部】
・新世紀に生まれた美術館、”アートの力(ちから)”を考える
 青森県立美術館 館長 杉本康雄
 十和田市現代美術館 館長 鷲田めるろ
 エヌ・アンド・エー株式会社 代表取締役 南條史生
 株式会社昭文社 ことりっぷ担当 大川朝子
 大阪大学共創機構社学共創部門准教授 木ノ下智恵子

※登壇者プロフィール・注意事項などの詳細はフライヤーをご確認ください。
(フライヤーはこちら)

<新型コロナウイルス感染症拡大防止に係るお願い>
①以下の場合は、参加をご遠慮いただきますのでご了承ください。
 ・37.5℃以上の発熱がある場合。
 ・咳、咽頭痛、全身倦怠感、鼻閉、味覚障害等の症状がある場合。
②社会的距離の確保、マスク着用、手指消毒等へのご協力をお願いします。
③感染者又は感染が疑われる方が発生した場合は、保健所等公的機関へ氏名・連絡先が提供される可能性がありますので、ご了承ください。


概要


名称

青森アートミュージアム5館連携トークイベント アート県/圏「青森」の挑戦!!

会期・日時

2020年10月31日(土) 13:30 - 15:30

会場

ホテル青森3階「孔雀の間」
住所:青森市堤町1丁目1-23
TEL:017-775-4141
※MAPはフライヤーをご確認ください。


料金

無料


定員

170名
※先着順
※事前申込優先。ただし、開始時間を過ぎてもご来館されなかった場合、事前申込をキャンセル扱いさせていただく場合がございます。


事前申込方法・申込締切・注意事項

件名を「トークイベント」とし、お名前、ご連絡先(メールアドレスまたはFAXでお申し込みください)。

■E-mail→event@nanjo.com
■FAX→03-6369-3596 

※申込締切:2020年10月25日(日)

<注意事項>
・出演者は予告なく変更になる場合があります。
・イベント中の様子を記録撮影いたします。
・記録物は、今後、広報媒体等に掲載させていただくことがあります。
あらかじめご了承ください。


主催

青森県、青森アートミュージアム5館連携協議会
[青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、十和田市現代美術館、弘前れんが倉庫美術館、(仮称)八戸市新美術館]


お問い合せ

運営事務局
エヌ・アンド・エー株式会社内 広報事務局(平日10:00-17:00)
■TEL→03-6261-5784
■E-mail→event@nanjo.com
■FAX→03-6369-3596


青森アートミュージアム5館連携協議会について

青森県では、弘前市で2020年に、八戸市では2021年に新たな美術館が開館するなど県内のアートが大きくレベルアップするのを機に青森県立美術館、青森公立 国際芸術センター青森、十和田市現代美術館、弘前れんが倉庫美術館、(仮称)八戸市新美術館の5館が連携し、5館が持つ魅力を地域としての魅力に発展させ、県民及び国内外の観光客の県内での周遊を促進し、文化、経済、教育など幅広い分野での地域振興に資することを目的として、2020年7月に設立されました。