2021年度 学芸員実習受け入れについて要項

現在十和田市現代美術館では、十和田のまちを美術館にするプロジェクト“Arts Towada”が10周年を迎えたことを記念し、Arts Towada十周年記念「インター + プレイ」展を開催中です。
本展は、まちと美術館を舞台に、二年間を3期に分け、作家・作品を変えつつ展開していきます。
この度、2022年1月22日(土)から5月29日(日)に開催する、第3期の出展作家・水尻 自子による新作アニメーション作品《不安な体》の予告編が完成いたしました。

本作品は、十和田市出身で日本を代表するアニメーション作家の水尻自子による最新短編アニメーションです。水尻自子は体の一部や身近な物体をモチーフに、感触を重視する作風で世界的に評価されています。今回の出展作《不安な体》は、丸みを帯びた身体と、それを脅かすようにして迫る日常的なモチーフの組み合わせによって、その作風をさらに深化させ、“感触そのもの”を描き出そうと試みるものです。

今回の作品では、水尻が長年のファンだった本田ゆかが音楽を担当。また、十和田市現代美術館からの委託作品でありつつ、日本(ニューディアー)とフランス(MIYUプロダクション)の国際共同製作作品として、国際的な映画祭での展開も目指します。

《不安な体》は、第74回カンヌ国際映画祭監督週間[2021年7月7日(火)-17日(土)]にて上映。国内では「インター + プレイ」展第3期にて初披露となります。

不安な体 クレジット
2021年/5分47秒/フランス=日本
監督・絵コンテ・アニメーション・編集:水尻自子
音楽:本田ゆか
プロデューサー:エマニュエル=アラン・レナール、ピエール・バウアッソン(以上MIYUプロダクション)、土居伸彰(ニューディアー)
コミッション:十和田市現代美術館

「インター + プレイ」展 出展作家のインタビュー動画を公開します。


関係者コメント


ギャラリー


第1期 出展作家


津田 道子(つだ・みちこ)


松原 慈(まつばら・めぐみ)


目[mé]


鈴木 康広(すずき・やすひろ)


evala