Projects

Towada Oirase Art Project 2016

About This Project

The Towada Art Center has been dedicated to conversations with the community, constantly striving to be open to the city while, at the same time, opening up the city to new experiences. The Towada Oirase Art Project serves as a platform for a dialog between artists and residents. Interaction through research and production provides insight into regional issues and a place for local experimentation to find new possibilities.

Funded by

The Agency for Cultural Affairs

Aomori Art Map: A Very Short Introduction to Aomori

The oldest pottery fragments in the world were discovered in Aomori, dated back to 14,500 BCE—the Incipient Jomon period. People had of course already set foot in Aomori by this time. 10,000 years later, around 4,000 BCE, populations exploded and people began to lead sedentary lifestyles here. For the past 18,000 years, people and things, the birds and fish and beasts of the earth, the winds and clouds and ocean currents have ceaselessly traversed its lands and skies.

You may find the roads they traveled by unraveling the threads of its present-day customs and culture. May this guide aid in deepening your encounters with the art and architecture of Aomori.

Aomori has many museums and works of architecture that are worth a visit. The museums and buildings have been born out of expressions of the times and circumstances in which they were made—created and molded by the local climate and tradition and the people who live here. This map introduces some of the places that have taken root in Aomori so that visitors may see museums and buildings, too, as expressions of the local culture.

The Aomori Art Map: A Very Short Introduction to Aomori is available free at the Towada Art Center. It was illustrated by Masaru Anzai, who moved to Towada seven years ago. Each one of his illustrations is a door to a different story. We invite you to explore these stories.

Illustrated by Masaru Anzai
Designed by Kensaku Kato (LABORATORIES)
Written and edited by Mari Satomura
Translated by Queen & Co. (Alex Queen & Michael Warren)

Published by the Towada Oirase Art Project Organizing Committee 
Supported by the Agency for Cultural Affairs, Government of Japan, 2016

With the support of the Aomori Museum of Art and the Aomori Contemporary Art Centre

Art in the City – Bears of the East, Spirits of the Blue Forest

Art In The City will be open for a limited time in central Towada.
While in Towada, artist Ari Okubo will write short stories and create a space using photos, videos, and objects based on those stories.

Step out of Towada and into a space where expectations are upturned and the invisible becomes visible.

Artist

Ari Ookubo

Born in Tokyo in 1974. Graduated from Musashino Art University in 1998. Completed certificate course at Goldsmiths University of London and received her MA Fine Art from Chelsea College of Arts at University of the Arts London.

Recent exhibitions include 17 Reasons Why I Put Stones in My Bread, switch point (2013); Portrait of Sun Hayashi, LOOP HOLE (2014); Ghosts of the Museum, Art Tower Mito (2015); Our Era: Art in the Post-Industrial Society, 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa (2015); BLACK CIRCLE is NOTHINGNESS, Galleria Finarte (2016); FUJINOYAMA BIENNALE 2016 (2016); and MERZ @ HAGIWARA PROJECTS (2017).

Date

Mar 3rd – Mar 26th, 2017

Open

9:00 – 17:00 (Last entry at 16:45)

Closed

Mondays (except for National Holidays, in which case the museum is open on the holiday and closed the following Tuesday)

Admission

Free

Location

Central Towada

Art in the City
Old Ace Camera Storefront: 16-55 Inaoicho, Towada
※5 minute walk from Towada Art Center

Map (in Japanese)

Learning Program: Study at the Museum! (In Japanese)

美術館が「学びの場」となり、楽しみながら学べる「ラーニング・プログラム」に参加しませんか?アーティストや専門家を講師にむかえ、社会人、子どもや親子、学校の先生を対象にスクールを実施します。

開催日

2月18日(土)、2月24日(金)、2月25日(土)、2月26日(日)、3月5日(日)、3月19日(日)、3月23日(木)

会場

十和田市現代美術館、市民交流プラザ トワーレ、十和田商工会議所

受講料

無料

時間・定員・受講条件

講座により異なります。くわしくは下記よりご確認下さい。

先生のためのスクール 「プレイフルラーニングで学びを ROCK しよう!」
2月18日(土) 講師:上田信行

社会人のためのスクール 「地元野菜で創るピクルス・インスタレーション」
2月24日(金) 講師:福田里香 ※定員満了となりました

親子のためのスクール 「親子で楽しいものをつくろう!」
2月25日(土) 講師:荒井良二 ※定員満了となりました

社会人のためのスクール 「ぼくが考える絵本について」
2月26日(日) 講師:荒井良二 ※定員満了となりました

先生のためのスクール 「コミュニケーションを育む鑑賞教育」
3月5日(日) 講師:杉浦幸子

親子のためのスクール 「いたずら研究」
3月19日(日) 講師:CANVAS (熊井晃史・寺田篤生)

親子のためのスクール 「造形キャンプ(仮想2泊3日)」
3月23日(木) 講師:深沢アート研究所(山添joseph勇・カブ)

お申込方法

十和田市現代美術館まで電話、FAXまたはE-mailよりお申し込みください。
電話:0176-20-1127
Fax :0176-20-1138

メールの場合、件名にスクール名を記載し、本文に、参加者氏名・年齢・電話番号・保護者見学の場合その旨明記の上、info@towadaartcenter.com までお送り下さい。
当館からの返信をもって予約完了となります。

※十和田市現代美術館 担当:見留、佐々木、新岡

締切

各講座開催日の2日前まで。(満了次第、受付終了となります。)

講師

専門家、アーティスト

上田信行 Nobuyuki Ueda

1950年奈良県生まれ。同志社大学卒業後『セサミストリート』に触発され渡米し、セントラルミシガン大学大学院にてM.A.、ハーバード大学教育大学院にてEd.D.(教育学博士)取得。専門は教育工学。プレイフル•ラーニングをキーワードに、学習環境デザインとラーニング・アートの学びの場づくりを数多く実施。1996~97年ハーバード大学教育大学院客員研究員、2010~11年MITメディアラボ客員教授。

2月18日(土) 先生のためのスクール 「プレイフルラーニングで学びを ROCK しよう!」

福田里香 Rika Fukuda

お菓子研究家。武蔵野美術大学卒。レシピ本に『フードを包む』『一年中おいしいアイスデザート』、
コラム集に『まんがキッチン』『ゴロツキはいつも食卓を襲う』など多数。お菓子やエプロンのプロデュースも手がける。

2月24日(金) 社会人のためのスクール 「地元野菜で創るピクルス・インスタレーション」 ※定員満了となりました

荒井良二 Ryoji Arai

絵本作家・イラストレーター。2005年に日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞。「山形ビエンナーレ」のアーティスティックディレクターを務めるなど、ジャンルを超えて活躍中。

2月25日(土) 親子のためのスクール 「親子で楽しいものをつくろう!」※定員満了となりました
2月26日(日) 社会人のためのスクール 「ぼくが考える絵本について」※定員満了となりました

杉浦幸子 Sachiko Sugiura

武蔵野美術大学芸術文化学科教授。ソーシャルデザイナー。1966年生まれ。お茶の水女子大学文教育学部哲学科美学美術史専攻卒業。ウェールズ大学院教育学部修了。第1回横浜トリエンナーレ教育プログラム担当、森美術館パブリックプログラムキュレーター、京都造形芸術大学プログラムコーディネーターなどを経て、2012年より武蔵野美術大学准教授。2014年度より現職。
武蔵野美術大学の教員免許状更新講習では「ミュゼオロジーと鑑賞教育」を担当。また、近隣の中学校と連携し、中学生、大学生、地域をつなぐソーシャルデザインプロジェクト「みらいのたいよう計画」など、学校機関との連携を継続的・長期的に実施している。

3月5日(日) 先生のためのスクール 「コミュニケーションを育む鑑賞教育」

CANVAS (熊井晃史・寺田篤生)

CANVASは、こどものための創造・表現の場を提供し、
豊かな発想を養う土壌を育てることを目標として2002年11月に設立されたNPO法人。
以来、全国の美術館、小学校、放課後施設、大学等さまざまなスペースを舞台にワークショップを展開。

3月19日(日) 親子のためのスクール 「いたずら研究」

深沢アート研究所(山添joseph勇・カブ)

アートを基軸とした「子どもの『つくる』の研究」と「地球の緑化の研究」を活動とする山添joseph勇とカブによるアートユニット。 最近の活動に、小中学校への芸術家の派遣事業(BEPPU PROJECT)、造形プログラム提供(CANVAS)、グリグリプロジェクト(芸術家と子どもたち)、ハンマーヘッドスタジオ(BankART1929)、水と土の芸術祭2015(丸山純子+カブ)。著書に『こどもがたのしくつくるはじめてのこうさく』(高橋書店)など。

3月23日(木) 親子のためのスクール 「造形キャンプ(仮想2泊3日)」

会場

■十和田市現代美術館
十和田市西二番町10-9

■十和田市民交流プラザ トワーレ
十和田市稲生町18−33
 ※十和田市現代美術館から徒歩10分

■十和田商工会議所 4階会議室
十和田市西二番町4-11
 ※十和田市現代美術館から徒歩3分

十和田市現代美術館までのアクセスはこちら

MAP

#ArtsTowada Photo Contest

We’re looking for your artistic eye as we collect photo entries for the #ArtsTowada Photo Contest! Send us photos of what you consider art, whether it be from the museum, around town, and in the Oirase Gorge or by Lake Towada.

Be sure to include the hashtag #ArtsTowada写真賞 when posting to your favorite social media platform (Facebook、Instagram、Twitter). The Towada Art Center will curate some of the best photos and introduce them on our official social media account!

Surprise and delight the world with new and fun points of view and you may see your work of art on the Towada Art Center homepage!

View on Facebook View on Instagram View on Twitter

Language Training Seminar for Volunteer Guides (In Japanese)

訪日外国人旅行者を案内するガイドに必要な英語力を習得するためのセミナーを開講します。簡単英語を使ってコミュニケーションをとる方法や観光スポットのシチュエーションでよく使われるフレーズ、接客英会話などを学びます。

開催日

1月21日(土)、1月22日(日)、2月4日(土)、2月5日(日)、2月11日(土)、3月4日(土)

時間

開催日により異なります。※「講座内容・スケジュール」にてご確認ください。

会場

市民交流プラザ「トワーレ」

定員

10名※申し込み先着順 ※定員満了となりました

受講料

無料

受講条件

18歳以上で簡単な日常英会話ができる方

お申込方法

受講を希望される方は、電話またはメールにてお申込み下さい。

メールにてお申込みの場合は、件名を「ボランティアガイド申込」とし、本文に氏名、年齢、勤務先または団体名、電話番号をご記入の上、info@towadaartcenter.com までお送りください。

電話: 0176-20-1127
※十和田市現代美術館 担当:鳴海、土井

締切

平成29年1月15日(日)まで

講座内容・スケジュール

受講にあたって

■1回目のレッスンでは、十和田市在住の通訳案内士・三浦直子さんから、英語を勉強しようと思ったき
っかけや、通訳とはどんな職業なのか、またご自身の体験談などをお話しいただきます。まずは気軽にご
参加ください。
■全コースを通して受講されることをおすすめしますが、単コースを受講したい場合は、受講番号をお知
らせください。
■筆記道具(鉛筆、消しゴム)をご持参ください。
■屋外にて授業を行う場合がありますので、暖かい服装でご参加ください。
■講座内容が変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

講師プロフィール

Alex Peter Queen (アレックス・ピーター・クイーン)
1988 年、アメリカ・ネブラスカ州生まれ。13 歳でイースタン・ワシントン州立大学に入学。卒業後、大学院に進学し、17 歳で同大学最年少の非常勤講師として勤務。19 歳で外国青年招致事業の国内最年少参加者として青森県むつ市に赴任、語学指導を行う。その後、学校法人慶應義塾に勤務。2016 年に株式会社Queen & Co.を設立。翻訳・通訳事業を始め、デジタル資産管理やシステム開発、デジタルメディア(ウェブ・画像・映像)制作等、多岐に亘る事業を展開。

Michael Jason Warren(マイケル・ジェイソン・ウォーレン)
1984 年、アメリカ・ミネソタ州生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校卒業。2009 年にJET プログラムを介した英語教師として青森県五戸町に赴任。その後、学校法人慶應義塾に勤務。2013 年から五戸国際ミュージックフェスティバルの実行委員会副会長として企画・主催。2016 年にアレックス・クイーン氏と株式会社Queen & Co.を共同設立。十和田市現代美術館の広報を始め、国際芸術センター青森の英語翻訳、五戸国際ミュージックフェスティバルの主催等で青森県への支援に力を入れている。

Other Projects