開催予定のイベント

クロストーク 第1回 「美術館ではない場所で」

2019年7月28日(日) 14:00 - 16:30

イベントについて

様々な立場から、“表現”や“地域”について考察し、それぞれの射程を探ります。

※開催予定の企画です。

概要

名称

クロストーク 第1回 「美術館ではない場所で」

会期・日時

2019年7月28日(日) 14:00 - 16:30

会場

十和田市現代美術館 市民活動スペース

料金

無料※要展覧会チケット

登壇者

日比野 克彦(アーティスト/東京藝術大学 美術学部長)
中村 政人(アーティスト/3331 Arts Chiyoda 統括ディレクター/東京藝術大学 教授)
木ノ下 智恵子(アートプロデューサー/大阪大学共創機構社学共創本部 准教授)
小池 一子(十和田市現代美術館 館長)

登壇者プロフィール

日比野 克彦(ひびの・かつひこ)

アーティスト、東京藝術大学美術学部長、岐阜県美術館館長、日本サッカー協会社会貢献委員長。1958年岐阜県生まれ。1984年東京藝術大学大学院修了。1982年日本グラフィック展大賞受賞。1986年シドニービエンナーレ、1995年ベネチアビエンナーレ参加。2003年より越後妻有アートトリエンナーレ、2010年より瀬戸内国際芸術祭参加。平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興部門)受賞。近年、地域の特性を活かしたワークショップや、背景の異なる人がアートを通じて関わり合う「TURN」の監修など、ジャンルやメディアを横断する活動を行っている。

中村 政人(なかむら・まさと)

1963年秋田県大館市生まれ。アーティスト。東京藝術大学絵画科教授。アートを介してコミュニティと産業を繋げ、文化や社会を更新する都市創造のしくみをつくる社会派アーティスト。第49回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本代表。平成22年度芸術選奨受賞。2018年日本建築学会文化賞受賞。1997年よりアート活動集団「コマンドN」を主宰。全国で地域再生型アートプロジェクトを展開し、2010年、民設民営の文化施設「アーツ千代田3331」を創設。

木ノ下 智恵子(きのした・ちえこ)

アートプロデューサー、大阪大学共創機構社学共創本部准教授1971年生まれ。大阪大学共創機構社学共創本部准教授。専門は現代芸術、事業企画制作、文化政策など。神戸アートビレッジセンター美術プロデューサー、大阪大学CSCD特任講師・准教授などを経て現職。展覧会やアートプロジェクト、近代産業遺産の活用や震災復興・まちづくりなどに関する文化事業を手掛ける。行政や企業などの芸術文化関連の委員・審査委員を務め、芸術文化条例の策定や文化政策に携わっている。

小池 一子(こいけ・かずこ)

十和田市現代美術館館長/クリエイティブ・ディレクター早稲田大学文学部卒業。アドセンターにて、アートディレクター堀内誠一氏のもと、編集・広告企画、執筆を開始。1961 年よりフリーランスとして、アートディレクター田中一光氏とともに西武百貨店やパルコなどのコピーライティングや編集企画を手掛ける。1976 年、編集・デザイン・美術展企画などを行う株式会社キチン設立。1980 年に無印良品の立ち上げに参画し、現在もアドバイザリーボードを務めている。1983 年、昭和2年に建築された「食糧ビル」内に「佐賀町エキジビット・スペース」を創設し、2000 年まで運営。現在は「3331 Arts Chiyoda」にてその活動と資料、作品コレクションを検証し、展示し、語り、学ぶための空間「佐賀町アーカイブ」を主宰し、アーカイブをショーケース化するという新しい試みを行っている。2016 年十和田市現代美術館館長就任。武蔵野美術大学名誉教授。近著は、ドイツの出版社タッシェンから発売された『ISSEYMIYAKE 三宅一生』に収録されたエッセイに書き下ろしを加えた『イッセイさんはどこから来たの?』(HeHe)。2017 年度エイボン女性年度賞大賞受賞。