開催予定のイベント

クロストーク 第2回 「まちを拡張する」

2019年8月17日(土) 14:00 - 16:00

イベントについて

様々な立場から、“表現”や“地域”について考察し、それぞれの射程を探ります。

概要

名称

クロストーク 第2回 「まちを拡張する」

会期・日時

2019年8月17日(土) 14:00 - 16:00

会場

十和田市現代美術館 市民活動スペース

料金

無料※要展覧会チケット

登壇者

山出 淳也(NPO 法人 BEPPU PROJECT 代表理事/アーティスト)
高須 咲恵(アーティスト/SIDECORE 代表)
小川 希(Art Center Ongoing 代表/TERATOTERA ディレクター)

登壇者プロフィール

山出 淳也(やまで・じゅんや)

NPO法人BEPPU PROJECT 代表理事/アーティスト
1970年大分生まれ。PS1インターナショナルスタジオプログラム参加(2000〜01)。文化庁在外研修員としてパリに滞在(2002〜04)。アーティストとして参加した主な展覧会として「台北ビエンナーレ」台北市立美術館(2000〜01)、「GIFT OF HOPE」東京都現代美術館(2000〜01)、「Exposition collective」Palais de Tokyo、パリ(2002)など多数。帰国後、地域や多様な団体との連携による国際展開催を目指して、2005年にBEPPU PROJECTを立ち上げ現在にいたる。
別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」総合プロデューサー(2009、2012、2015)
国東半島芸術祭総合ディレクター(2014)
おおいたトイレンナーレ総合ディレクター(2015)
「in BEPPU」総合プロデューサー(2016〜)
国民文化祭おおいた2018市町村事業アドバイザー(2016〜)
文化庁文化審議会文化政策部会委員平成20年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞(芸術振興部門)

高須 咲恵(たかす・さきえ)

2012年より松下徹とSIDECOREを発足、2017年より西広太志が参加。街の中でおこなわれる表現「ストリートカルチャー」に関するリサーチや、展覧会の開催、作品制作をおこなう。また都内湾岸地域に、アーティストの共同スタジオを運営。主な展覧会に2017年石巻市「Reborn-Art Festival」アシスタントキュレーターとして参加、2018年市原湖畔美術館「そとのあそび展」共同キュレーションなど。また、アーティストとしてもグループで活動しており、作品発表を行なっている。
2008-2011 東京藝術大学大学院美術教育研究室修了(修了作品 東京藝術大学美術館収蔵)
2010-2011 オーストラリアSydney College of The Arts留学
2004-2008 東京藝術大学美術学部工芸科陶芸専攻卒業

小川 希(おがわ・のぞむ)

1976年東京生まれ。2001年武蔵野美術大学卒。2004年東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。2002年から2006年に亘り、大規模な公募展覧会『Ongoing』を、年一回のペースで企画、開催。その独自の公募システムにより形成したアーティストネットワークを基盤に、2008年に吉祥寺に芸術複合施設Art Center Ongoingを設立。現在、同施設代表。また、JR中央線高円寺駅~国分寺駅区間をメインとしたアートプロジェクト『TERATOTERA(テラトテラ)』のチーフディレクターも務める。