過去のイベント

企画展「毛利悠子 ただし抵抗はあるものとする」関連イベント
展覧会カタログ出版記念トーク

2019年1月26日(土) 14:00 - 15:00

イベントについて

本展覧会作家の毛利 悠子とキュレーター金澤 韻による、同展覧会カタログの出版を記念したトークイベントを行います。
※2月23日(土)には毛利悠子サイン会を行います。詳細は後日お知らせいたします。
—–
<毛利悠子美術館初個展の展覧会カタログご予約受付中!>
新作の大型音響彫刻によるインスタレーション写真をはじめ、全作品の展示風景写真、
多彩な執筆陣による論考、毛利悠子さんのロングインタビューを収録した充実の内容です。

[図録]
「毛利悠子 ただし抵抗はあるものとする」
サイズ:A5サイズ(140ページ)
言語:日英バイリンガル
発行:有限会社 月曜社
販売価格:2,200円(税別)
発行日:2019年2月17日(日)
テキスト執筆者:
 エマ・ラヴィーニュ(ポンピドゥ・センター・メッス 館長)
 畠中 実(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] 主任学芸員)
 小池一子(十和田市現代美術館 館長)
 金澤 韻(本展覧会キュレーター、十和田市現代美術館 学芸統括)
ロングインタビュー:
 聞き手:金澤 韻+島貫 泰介(美術ライター、編集者)

デザイン:佐々木 暁
撮影:小山田 邦哉

取り扱い:十和田市現代美術館カフェ&ショップ「cube」、全国主要書店
ただいま、カフェ&ショップcubeにて、ご予約を受け付けております。

cube店頭でご予約いただきました方に、毛利さんのサイン入り展覧会ポスターを先着でプレゼントいたします。
数に限りがございますので、ご了承ください。

郵送をご希望の場合は、本体価格(2,200円+税/予定)+レターパックライト代(360円)にて承ります。

お問い合わせ:
十和田市現代美術館カフェ&ショップ「cube」
Tel: 0176-22-7789
E-mail: cube@towadaartcenter.com
—–
Photo image:
《墓の中に閉じ込めたのなら、せめて墓なみに静かにしてくれ for V.T. 》展⽰⾵景
2018年 撮影:⼩⼭⽥邦哉

概要

名称

企画展「毛利悠子 ただし抵抗はあるものとする」関連イベント 展覧会カタログ出版記念トーク

会期・日時

2019年1月26日(土) 14:00 - 15:00

会場

十和田市現代美術館 市民活動スペース

対象

どなたでも

料金

無料

お申込み

電話、FAXまたはE-mailよりお申し込みください。
十和田市現代美術館
電話 0176-20-1127
FAX 0176-20-1138 E-mail info@towadaartcenter.com
メールの件名にイベント名、本文に氏名・電話番号・人数を明記の上、お申し込みください。
当館からの返信をもって予約完了となります。

レポート

2月中旬に発行予定、現在、まさに最終編集中の展覧会カタログ「毛利悠子 ただし抵抗はあるものとする」をご紹介するトークを開催いたしました。

作家・毛利悠子さんと、本展キュレーターの金澤韻の掛け合いは、作品の世界を掘り下げ、ごく身近な世界から、私たちを取り巻く(宇宙のような)非常に大きな
世界へと漕ぎ出していく、知的冒険のようなわくわくするトークでした。
本日のトークは、カタログに収録されている金澤の論考に沿った内容でした。本日お越しになれなかった方でも、お越しになった方も、カタログで追体験いただけます!

また、毛利さんは、カタログの編集に触れて、動きのある作品をカタログで紹介するときに、どのような写真を選ぶのがよいものか、デザイナーさんととても考えました、と毛利さん。
作品の動きによってもたらされるブレの写り込んだ写真をあえて選び、作品に組み込まれたエラーの現象もつたえるものになったと語っていました。

ブレやエラーが可能性になり、見えないけれどそこにあるものがユーモアをもって浮かび上がる毛利さんの作品が、ぎゅっと詰まったカタログ、ぜひみなさま楽しみにしていてください!