過去の企画展

毛利悠子 ただし抵抗はあるものとする

2018年10月27日(土) - 2019年3月24日(日)


企画展について

毛利悠子は身近なものを用いて電気や磁力など目に見えないエネルギーの存在を可視化するインスタレーション作品を制作してきた。美術館での初個展となる本展では、アンモナイトからケーブルのより線など、大小さまざまな渦や回転、螺旋の運動から着想を得て、空間をダイナミックに活かした音響彫刻を発表。天体の運行や社会の変容を象徴的に表現し、毛利の新しい試みとなった。さらにシルクスクリーンや映像の制作、現場で即興的に生みだされるインスタレーション、まちなかでの作品展示も行われた。
Photo image:
《墓の中に閉じ込めたのなら、せめて墓なみに静かにしてくれ for V.T. 》展示風景
2018年 撮影:小山田邦哉

【紹介ムービー】


アーティスト


概要


名称

毛利悠子 ただし抵抗はあるものとする

会期・日時

2018年10月27日(土) - 2019年3月24日(日)

会場

十和田市現代美術館
十和田市 商店街


開館時間

9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)


休館日

月曜日(祝日の場合はその翌日)
12月25日(火)− 1月1日(火)は年末年始休館


観覧料

企画展+常設展セット券1200円。企画展の個別料金は一般800円。
団体(20名以上)100円引き。高校生以下無料。


主催

十和田市現代美術館


助成

公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団


機材協力

フォスター電機株式会社


後援

東奥日報社、デーリー東北新聞社、青森放送、青森テレビ、青森朝日放送、十和田市教育委員会


キュレーター

金澤 韻(かなざわ こだま)


参考作品


関連イベント


関連プロジェクト

関連プロジェクトはありません。


展示の内容と見どころ


公式展覧会図録