過去の企画展

十和田奥入瀬芸術祭 SURVIVE この惑星の、時間旅行へ

2013年09月21日(土) - 2013年11月24日(日)

企画展について

十和田市現代美術館開館5周年を記念し、美術館を中心とした市街地と豊かな自然を有する奥入瀬(おいらせ)・十和田湖を舞台に「時」をテーマに、展覧会、ものがたり集の発行、ゼミナールの開催を3つの柱とした十和田奥入瀬芸術祭を開催します。 2011年3月11日に端を発する震災は、わたしたちの「時」の感覚を揺るがしました。「千年に一度」といわれる地震は、この「数百年に作られた」人間の世界に大きな衝撃を与えました。一方、ここ、奥入瀬・十和田湖には「数万年かけて」形づくられた複雑で多様な生態系があります。 芸術は、古くローマ時代には「テクネー」といわれました。この元来「術」を意味する芸術をとおして、さまざまな「時」を十和田奥入瀬に展開し、わたしたちの時代と芸術の関係、そしてこれからの可能性を提示します。

アーティスト

芸術祭の中心部

十和田市現代美術館

ラグナル・キャルタンソン,武田慎平,宮永愛子,マーカス・コーツ,柴田健治
自然とともに楽しめる

奥入瀬エリア

岡本太郎(星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル)

志村信裕(旧笠石家住宅、星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル)

梅田哲也 + コンタクトゴンゾ + 志賀理江子(水産保養所 旧 湯治の宿おいらせ)

山本修路(十和田市現代美術館、旧笠石家住宅、星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル、十和田湖遊覧船子ノ口案内所)

高山明(Port B)(渓流の駅おいらせ 地下1F)
9月23日に開催されたシンポジウムの記録を作品とし上映しています(毎日13:00〜16:00)。
遊覧船の中で作品鑑賞

十和田湖遊覧船内(休屋)

mamoru
遊覧船の中で音を体感する作品です。

概要

名称

十和田奥入瀬芸術祭 SURVIVE この惑星の、時間旅行へ

会期・日時

2013年09月21日(土) - 2013年11月24日(日)

会場

十和田市現代美術館
渓流の駅おいらせ
奥入瀬渓流館
十和田湖遊覧船子ノ口案内所
十和田湖遊覧船(休屋)

観覧費

¥2,000

主催

十和田奥入瀬芸術祭2013実行委員会
十和田市現代美術館
一般_財団法人十和田湖ふるさと活性化公社
一般財団法人自然公園財団十和田支部
社団法人十和田湖国立公園協会
社団法人十和田市観光協会
奥入瀬温泉活性化協議会, 十和田市

協力

アビリタス ホスピタリティ株式会社
星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
十和田湖観光汽船株式会社
十和田観光電鉄株式会社
株式会社東芝
ジャパンマテリアル株式会社
有限会社ルフトツーク
本宮デザイン研究所
青森公立大学 国際芸術センター青森
NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]

協賛

資生堂

後援

十和田奥入瀬芸術祭2013実行委員会(十和田市現代美術館、一般財団法人十和田湖ふるさと活性化公社、一般財団法人自然公園財団十和田支部、社団法人十和田湖国立公園協会、社団法人十和田市観光協会、奥入瀬温泉活性化協議会、十和田市)

関連プロジェクト

関連イベント

関連イベントはありません。

ギャラリー