今後の企画展

青柳菜摘 展

2022年9月17日(土) - 12月18日(日)


企画展について

十和田市現代美術館では、美術館から徒歩約7分のまちなかで、新たに「space」を展示室として運営します。
アーティスト目[mé]による《space》は、一軒の空き家を大胆に展示室へと改装した作品です。
2022年5月まで企画展Arts Towada十周年記念「インター + プレイ」展の出品作品の一つとして展示してきましたが、7月より十和田市現代美術館のまちなか展示会場として活用していきます。これまでにも当館では、個々の展示室が、まちへと広がっていくという建築構想のもと、商店街や奥入瀬渓流のホテルで展示を行ってきました。「space」は展示室そのものが作品という特殊な空間であり、そこで若手アーティストによる実験的な表現を紹介していくことで、これまでにない新たな視点や可能性を見出す場として展開していきます。
2022年度後半には青柳菜摘の個展[会期:9月17日(土)– 12月18日(日)]を開催します。
展示の詳細につきましては、後日ご紹介いたします。

画像:《家で待つ君のための暦物語》2021年
ビデオ・インスタレーション
※参考作品


アーティスト


概要


名称

青柳菜摘 展

会期・日時

2022年9月17日(土) - 12月18日(日)

会場

space(十和田市現代美術館サテライト会場)
住所:青森県十和田市西三番町18-20


開館時間

10:00 – 17:00


休館日

月曜日(祝日の場合はその翌日)※十和田市現代美術館の休館日に準じます。


観覧料

無料


主催

十和田市現代美術館


作品


関連イベント

関連イベントはありません。


関連プロジェクト

関連プロジェクトはありません。


アクセス