今後の企画展

AKI INOMATA展(仮)

2019年9月14日(土) - 2020年1月13日(月)

企画展について

生物の観察と調査を通して独創的な作品を作り出すAKI INOMATAの日本の美術館では初となる個展。代表作にはヤドカリに自作の宿を提供し移住してもらう作品があり、存在が生きていくリアリティを親しみやすい表現で問いかけます。

※photo: (C)Nantes Metropole – Nantes Art Museum – Photograph: C. Clos

アーティスト

AKI INOMATA
1983年生まれ。2008年東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修了。 生き物との協働作業によって作品制作をおこなう。
主な作品に、3Dプリンタを用いて都市をかたどったヤドカリの殻をつくり実際に引っ越しをさせる「やどかりに『やど』をわたしてみる」、飼犬の毛と作家自身の髪でケープを作ってお互いが着用する「犬の毛を私がまとい、私の髪を犬がまとう」など。
近年の展覧会に、「Broken Nature ミラノトリエンナーレ」(2019)、「タイビエンナーレ 2018」(クラビ市内、タイ、2018)、「Aki Inomata, Why Not Hand Over a “Shelter” to Hermit Crabs ?」(ナント美術館、フランス、2018)、「Coming of Age」(Sector 2337、シカゴ、2017)、「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」(2016)、「ECO EXPANDED CITY」(WRO Art Center、ヴロツワフ、ポーランド、2016)、「エマージェンシーズ!025 『Inter-Nature Communication』AKI INOMATA」(NTT インターコミュニケーション・センター [ICC]、東京、2015)、「第4回 デジタル・ショック -リアルのファクトリ-」(アンスティチュ・フランセ東京、2015) 、「アルスエレクトロニカ」(リンツ、2014)、などがある。
2017年ACCの招聘でニューヨークに滞在。
※photo: Kenshu Shintsubo

概要

名称

AKI INOMATA展(仮)

会期・日時

2019年9月14日(土) - 2020年1月13日(月)

会場

十和田市現代美術館

関連イベント

関連イベントはありません。