今後の企画展

十和田市現代美術館開館10周年記念展
スゥ・ドーホー : Passage / s パサージュ

2018年06月02日(土) - 2018年10月14日(日)

企画展について

十和田市現代美術館の10周年を記念して開催!!
アジアを代表する世界的美術家、スゥ・ドーホーの個展

本展「Passage/s」で、韓国出身の作家スゥ・ドーホーは、その半透明の布を使ったシリーズの最新作を展示します。また彼のロンドン、ニューヨーク、ソウルを移動する中で得られた視点を表現した映像作品も展示します。これらの作品は、いくつかの場所とその文化を経験するときに見えてくるものを通して、人間性やアイデンティティとは何かという、根本的な問いを投げかけるものです。

スゥはこれまで、家、物理的な空間、移動、そして記憶といったテーマについて考え、ドローイング、映像、彫刻などさまざまな素材に取り組んできました。スゥには、個人と集団の関係性を探るという、もう一つのテーマがあります。そのテーマに沿った作品の一つ、《コーズ・アンド・エフェクト》(2008)が十和田市現代美術館の常設展示となっています。

Photo image:《Hub, 310 Union Wharf, 23 Wenlock Road, London, N1 7ST, UK》 Photo by Taegsu Jeon
Courtesy the artist, Lehmann Maupin, New York, Hong Kong and Seoul and Victoria Miro, London/Venice(参考画像)

アーティスト

Photo by Daniel Dorsa
Courtesy the artist, Lehmann Maupin, New York and Hong Kong; and Victoria Miro, London and Venice

1962年韓国生まれ。ソウル大学校卒業後アメリカに渡り、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインで絵画を学び、BFAを取得、イェール・ユニバーシティ・スクール・オブ・アートで彫刻を学び、MFAを取得。ロンドン、ニューヨーク、ソウルを拠点とし、家や家の中のアイテムを象った彫刻と、没入感のあるインスタレーションを通して、異なる文化間を移動するときに感じられる気持ちを表現しつづけている。半透明の布を用いた彫刻のシリーズは、彼がそれまで住んだ空間の手触りと繊細な細部を再現するもの。これらの作品は軽くて持ち運びができ、どんな場所にでも設置できるもので、スゥ自身によって「スーツケース・ホーム」と呼ばれている。

概要

名称

十和田市現代美術館開館10周年記念展
スゥ・ドーホー : Passage / s パサージュ

会期・日時

2018年06月02日(土) - 2018年10月14日(日)

会場

十和田市現代美術館

開館時間

9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日(月曜が祝日の場合その翌日)ただし8月6日(月)、13日(月)は臨時開館。

観覧料

企画展+常設展セット券1200円。企画展の個別料金は一般800円。
団体(20名以上)100円引き。高校生以下無料。

主催

十和田市現代美術館、十和田市

後援

東奥日報社、デーリー東北新聞社、青森放送、青森テレビ、青森朝日放送、十和田市教育委員会

キュレーター

金澤 韻(かなざわ・こだま)、南條史生

作品

関連イベント

展示の内容と見どころ

1. 新作発表
スゥの代表的スタイルである半透明の布を使った大型彫刻作品の新作3点が発表されます。

2. 映像作品《My Home/s》初公開
ロンドン、ニューヨーク、ソウルという異なる文化間を行き来する作家の視点をとらえた映像作品が日本で初公開されます。

3. 十和田市現代美術館常設作品《コーズ・アンド・エフェクト》(2008)との共鳴
個と社会をテーマに制作された《コーズ・アンド・エフェクト》が、スゥの他の作品と共鳴しあい新しいイメージを想起させます。