おろちAM1485 kHz

 毛利悠子は、日用品を本来の使い方ではない別の方法で用い、電気や磁力など目に見えないエネルギーの存在を可視化するインスタレーション作品を制作してきました。
 《おろちAM1485 kHz》は、2013年から制作されている「おろち」シリーズの1つです。「おろち」は、床にラジオ受信機とアンプが直接置かれ、アンプの音声端子からケーブルが伸びています。本来はケーブルの先にスピーカーを接続することでラジオの音が流れます。しかし、毛利はそのケーブルにスピーカーを接続せず、代わりにケーブルを何重にも巻きつけることによってコイル状にし、ラジオで受信した音声を磁力に変換させました。ケーブルの中心に垂らされた磁石が揺れ動くことで、目には見えないけれどそこにある磁力の存在に気づきます。受信しているラジオは展示する地域で配信されているラジオで、《おろちAM1485 kHz》では、AM1485 kHz(青森放送)を受信しています。
 結びや包み方を民俗学的に研究した額田巌の著書には、額田が勤めていた電気通信機会社で、工場の中央にあった大きな通信ケーブルの束が「おろち」と呼ばれていたというエピソードが記されています。そのようなケーブルの束と、見えない力を伴うとされる大蛇や標縄(しめなわ)との共通性に興味を持ち制作された彫刻作品です。
 2018年に開催した企画展「毛利悠子 ただし抵抗はあるものとする」に展示された作品です。

 ※現在はこの作品は観覧することはできません。

撮影:小山田邦哉

 キム・チャンギョムの作品では、壁に鏡や家具が取り付けられ、水槽の置かれた薄暗い室内に、ありふれた日常の風景が次々に映し出されていきます。部屋の鏡の前で物憂げに身繕いをしたり、居酒屋の鏡の前で少し思い悩んだそぶりを見せるなど、数名の人が入れ替わり立ち替わり現れては消え、哀愁を帯びたさまざまな人生のワンシーンが浮かび上がります。部屋では、なにげない会話や日常の音が聞こえ、壁にも人影が巧みに投影されるため、鏡の中に現れる風景や人物、水槽の魚は実際に存在するようにも見えます。けれど、みな時間の経過とともに闇の中に消え、それらは光の幻影がつくりだしたものにすぎないと気づかされます。作品は、実像と虚像が錯綜し、見る者に存在の不確かさを感じさせるでしょう。
 キムは、床に置かれた桶に、人が水面をのぞき込むような映像を投影した作品など、映像と実在する立体物を組み合わせた独特のビデオ表現で知られています。それは現代人の内面を映しだす自画像なのかもしれません。

※現在はこの作品は観覧することができません。

撮影:岩崎マミ

 ジェニファー・スタインカンプは、グリム童話の「ラプンツェル(髪長姫)」からインスパイアされたビデオ・アニメーションを発表します。
 童話の中で、妊娠中のラプンツェルの母親は、隣に住む魔女の庭に咲く食用の花、レポンスを夫に採りに行かせ、手に入れます。しかし、盗みが発覚したために、母親は花と引き替えに娘を魔女に差し出さなくてはならなくなりました。魔女はラプンツェルを高い塔の中に閉じ込め、訪ね人と面会するときはラプンツェルの長い髪を塔の上から垂らさせ、それ伝いに人は塔に出入りします。この話は、自分の中毒のために子どもを犠牲にする親たちの悲しい自画像でもあるのです。展示室には、童話に登場するおぞましくも美しい花と髪の毛をモチーフとしたCGが投影されます。意志をもったように、自然ではありえない激しい動きをする花は、観る人にさまざまなストーリーを想像させます。
 UCLAのメディアアート学部で教鞭をとる彼女は、ビデオやCGなど最先端のテクノロジーと人間の普遍的な問題を結びつけた作品を発表しています。

※現在はこの作品は観覧することはできません。

撮影:岩崎マミ


作品情報


作品情報