今後の企画展

百瀬文 展

2022年12月10日(土) - 2023年6月4日(日)


企画展について

新進気鋭の映像作家 百瀬文による美術館での初個展

十和田市現代美術館では、2022年12月10日(土)―2023年6月4日(日)まで、百瀬文の個展を開催します。百瀬は主に映像作品で、他者とのコミュニケーションの複層性をテーマとし、身体・セクシュアリティ・ジェンダーに向ける視点を追究しています。本展では、女性声優をテーマにした新作を発表します。日本では、『新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジ(緒方恵美)や『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィ(田中真弓)など、女性声優がアニメ作品で少年役を演じることがよくあります。百瀬は女性声優が少年を声で演じる際の、声優自身の性とキャラクターの性の流動的な関係性に焦点をあて制作します。
今回のテーマとつながる過去の作品も出展予定です。存在しているのに、抑えつけられ、ないものとされていたさまざまな声に、耳を傾けてみてください。

画像:《Social Dance》2019年
シングルチャンネル・ビデオ、10分33秒
※参考作品


アーティスト


概要


名称

百瀬文 展

会期・日時

2022年12月10日(土) - 2023年6月4日(日)

会場

十和田市現代美術館


開館時間

9:00 − 17:00(入場は閉館の30分前まで)


休館日

月曜日(祝日の場合はその翌日)※最新の情報はwebサイトをご確認ください。


観覧料

1800円。団体(20名以上)200円引き。高校生以下無料。


後援

東奥日報社、デーリー東北新聞社、青森放送、青森テレビ、青森朝日放送、十和田市教育委員会


作品


関連イベント

関連イベントはありません。


関連プロジェクト

関連プロジェクトはありません。