青柳菜摘 亡船記

詩作や映像制作などメディアを横断するアーティスト 青柳菜摘が、十和田市のまちなかで映像インスタレーションを展示

 十和田市現代美術館ではサテライト会場「space」でアーティスト 青柳菜摘の個展を2022年9月17日(土)から12月18日(日)まで開催します。
 青柳菜摘は、自身を取り巻く環境と向き合いながら、見えない存在を捉えるために、映像や文章を用いて表現してきました。近年では、クラウドソーシングで他者の物語やイメージを収集するなど、現代における個人の在り方と、その観察方法を模索しています。

 青柳にとって6年ぶりの個展となる本展では、航海によって発展した中国発祥の媽祖(まそ)信仰をきっかけに構想した、架空の航海日誌のような作品を発表します。船は、今では身近な移動手段ではなくなりましたが、かつては遠方へ赴く唯一の手段であり、未踏の地への命を懸けた冒険でもありました。航海記からSFに登場する宇宙船まで、数々の文学の主題ともなっています。本展は、人々の船での移動によりその信仰が東アジア広域に拡がった航海の女神 媽祖のほか、大航海時代に長い航海での水分補給と健康維持のために発展したと言われるカクテルなど、船をめぐる古今東西の要素を織り交ぜた映像インスタレーションを、spaceを始め、美術館内カフェや十和田市内の花屋、温泉、バー、スナックの6つの拠点で、一冊の絵本を編むように展開します。かつて海を渡った無数の人々の希望や苦難、ともに各地で根付いた生き物や酒、信仰。青柳が描く船なき航海日誌は、先行きの見えない時代を生きる私たちを、現在の世界に今もそっと生き続ける彼/彼女らと出会う旅へと誘うでしょう。

 本展は、それぞれ開場時間の異なる6つの会場での展示となります。ぜひご来場の前にハンドアウトで会場の情報をご確認ください。


アクセス


ハンドアウト