Arts Towada 十周年記念
「インター + プレイ」展 第1期

-遊ぶ、演じる、こだまする アートがつなぐ人とまち-

十和田のまちを美術館にするプロジェクト“Arts Towada”が10周年を迎えるのを記念して、全3期にわたって開催される展覧会「インター + プレイ」展。
新しい創造を生みだし、インスピレーションの源泉となってきたArts Towadaの中核、十和田市現代美術館は、アートを通じて人と人、人とまちが出会う、インタープレイ(相互作用)の現場であり続けてきました。本展は、その精神を体現するものです。
3期を通じて、身近なものをモチーフに私たちの五感を刺激する作品をつくる鈴木康広が、ベンチにもなる大型の野外彫刻を設置。引力をもち、そのパワーが外側へと広がっていく十和田の姿を表現しています。また、近年芸術祭や大規模個展で注目を集めている目[mé]は、まちなかの建物に真っ白なギャラリー空間を唐突に出現させます。
美術館内では、鏡とビデオカメラとプロジェクターを使い、見る人の感覚を撹乱する津田道子のインスタレーション、音に身をゆだね溶け込んでいく感覚をもたらすevalaの作品、十和田での滞在調査を踏まえ〈赤〉をテーマに制作される松原慈の新作を展示します。
また、会期中には問題行動トリオが美術館の展示室で、音楽とダンスの公演を行います。

■全期・・・鈴木 康広[十和田市現代美術館 前庭に展示]、目[mé][十和田市まちなかに展示]
■第1期出展作家・・・津田 道子、evala、松原 慈
■パフォーマンス・・・問題行動トリオ(野村 誠+佐久間 新+砂連尾 理)[会期ごとに1回ずつ開催予定]

※evala《Anechoic Sphere ー Haze》は、先着順に整理券を配布しご案内しております。観覧できる人数に限りがあるためすべてのお客様がご観覧いただけない場合がございます。あらかじめご了承ください。

※写真:松原 慈《真実/自由》”Arts Towada十周年記念 「インター + プレイ」展” 展示風景(十和田市現代美術館、青森、2020 年)撮影:小山田邦哉

【「インター + プレイ」展 第1期 CM】

Videography:KAZUYA ISHIKAWA


見どころ


ハンドアウト