お知らせ | 2020年02月28日 (金)

十和田市現代美術館 館長交代のお知らせ

十和田市現代美術館の館長・小池一子は、2020年3月31日をもって館長職を退任することとなりましたのでお知らせいたします。新たな館長には4月1日付けで、金沢21世紀美術館で長年キュレーターを務め、数々の展覧会、国際展でキュレーションを手がけてきた、鷲田めるろが就任いたします。
尚、十和田市現代美術館学芸統括・金澤韻も3月31日をもって退任し、後任は館長・鷲田が兼任いたします。

鷲田めるろ(わしだ・めるろ)略歴
1973年京都市生まれ。東京大学にて西洋美術史を学ぶ。開館5年前に金沢21世紀美術館建設事務局に着任、同館の立ち上げに関わり常設作品の設置などを担当。2004年の開館後、「妹島和世+西沢立衛/SANAA」(2005)や「金沢アートプラットホーム2008」、イェッぺ・ハイン(2011)、島袋道浩(2013-14)の個展など数多くの展覧会、プロジェクトを企画。
また、日本におけるアートプロジェクトの先駆例の一つである鶴来現代美術祭に関する調査研究も行う。金沢21世紀美術館在籍中、第57回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館キュレーターに選出される(2017)。2018年独立し、フリーランスキュレーターとして、あいちトリエンナーレ2019キュレーターなどを務める。2020年2月より十和田市在住。

鷲田めるろ
※撮影:小山田邦哉

プレスリリースはこちら


その他のお知らせ







2020年09月06日 (日)

十和田市現代美術館 新型コロナウィルス感染防止対策について

1.ご来館にあたっては、下記の【新型コロナウイルス感染防止対策とお願い】へのご協力をお願いします。
【グループでの観覧を希望するお客様への注意事項】来館前にご一読お願いいたします。

2.Arts Towada 十周年記念 「インター+プレイ」展 第1期の会期は、2020年7月23日(木・祝)- 2021年8月29日(日)です。

3.今後の感染拡大の状況により、再度、休館とさせていただく場合があります。最新の情報は美術館webサイトでご確認いただくか、電話(0176-20-1127)にてお問い合わせください。

【新型コロナウイルス感染防止対策とお願い】
〇ご来館のみなさまへのお願い
・入館にあたっては必ずマスクの着用をお願いします。
※マスクをお持ちでない場合は館内でご購入ください。
・熱が37.5度以上ある場合はご入館できません。
・館内に設置している消毒液で必ず手指の消毒をお願いします。

・発熱、咳・咽頭痛など風邪のような症状がある方、また高齢の方や基礎疾患をお持ちの方で感染リスクを心配される方は、ご来館をお控えくださいますようお願いいたします。
・受付に自動検温可能なサーモグラフィーを設置しております。
・体調が悪そうな方へ館内スタッフよりお声がけし、ご退出をお願いする場合がございます。

・館内の洗面所に設置している液体石けんでなるべく手を洗ってください。
・館内に滞在中は、他のお客様と一定の距離を保つように努めてください。
・展示作品だけでなく、壁など建物にもなるべく触れないでください。

・6名以上のグループでのご来館を希望の方は、事前に【グループでの観覧を希望するお客様への注意事項】をお読みいただき、電話(0176-20-1127)までお問い合わせください。少人数に分かれて観覧していただきます。
・展示室内の混雑を緩和するため、入場制限を行う場合があります。
【新型コロナウイルス感染防止対策】繁忙期の入場制限実施のお知らせ

〇接触感染・飛沫感染防止のため下記作品を閉場させていただいております。あらかじめご了承ください。
ボッレ・セートレ《無題 / デッド・スノー・ワールド・システム》
また一部、鑑賞方法が通常と異なる作品がございます。

〇当館の取り組み
・消毒アルコールの設置。
・館内の定期的な換気の実施。
・受付に飛沫防止シールド設置。
・受付に自動検温可能なサーモグラフィー設置。
・来館者エリアの清掃強化(来館者が手を触れる箇所の定期的な消毒)。
・スタッフのマスク着用。
・一部スタッフの手袋着用。
・スタッフの勤務前の検温実施・健康管理の徹底。
繁忙期の入場制限実施

※当館では以下のガイドライン等を参照し、対策を行なっております。
ご来館のみなさまにもご協力をお願いいたします。
・日本博物館協会からの「博物館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン





お知らせ一覧を見る