お知らせ | 2021年12月01日 (水)

観覧料改定のお知らせ

十和田市現代美術館では、十和田市のまちを美術館にするプロジェクト「Arts Towada」が10周年を迎えたことを機に、開館以来初の常設作品の入れ替え、展示室の増築、寄託された作品の展示を行ないっています。
2021年4月から、常設展示作品を入れ替えて塩田千春の新作《水の記憶》を、寄託作品として名和晃平《PixCell-Deer#52》を公開しています。
そして 12月1日(水)には、常設展示作品 レアンドロ・エルリッヒ《建物ーブエノスアイレス》が、春より建設を進めてまいりました新たな展示室とともに公開します。
それに伴い、観覧料を下記の通りにさせていただきます。

■大人:1800円
 ※十和田市民は、上記金額より200円引き。
  マイナンバーカード、免許証や保険証など住所が確認できるものを受付に提示ください。
■高校生以下:無料

みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。
ご来館をお待ちしております。


その他のお知らせ


2022年01月20日 (木)

十和田市現代美術館の休館についてのお知らせ(~2月28日)

十和田市現代美術館では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、メンテナンス休館(1月11日(火)~1月21日(金))に引き続き、下記の期間、臨時休館することにいたしました。

【臨時休館期間】
2022年1月22日(土) ~ 2月28日(月)

休館に伴い、Arts Towada 十周年記念 「インター+プレイ」展 第3期の会期は、3月1日(火)以降に延期いたします。
また、臨時休館期間に予定していたイベントにつきましては、以下のような対応を取らせていただきます。

●1月22日(土)「インター+プレイ」展 第3期 アーティスト・トーク → 後日Web上で記録映像を公開
●1月30日(日)十和田食材を使用した新作ビーフパイをみんなでつくろう! → 中止
●2月5日(土)6日(日)問題行動トリオ パフォーマンス → 延期
●2月10日(木)鑑賞プログラム【げんびさんぽ】 → 中止
●2月26日(土)学芸員による企画展ギャラリートーク → 中止

開催延期予定のイベントにつきましては、今後の感染状況を注視し、青森県・十和田市の対策とも連携しながら開催日を検討し、決定次第、ご案内申し上げます。

なお、今後の状況によっては、さらに休館期間を延期する場合があります。
3月1日(火)以降の開館予定につきましては、美術館WEBサイトにて随時状況をお知らせいたします。

臨時休館期間のオンラインチケットを購入された方へ返金対応させていただきます。
後日、個別にメールをお送りさせていただきますので、ご確認お願いいたします。

電話でのお問い合わせは、毎週火曜日~金曜日の9時から12時までとさせていただきます。
カフェ&ショップ cubeへのお問い合わせは、メール(cube@towadaartcenter.com)にてお願いいたします。

皆様のご理解・ご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。







2021年09月29日 (水)

十和田市現代美術館の再開館についてのお知らせ

十和田市現代美術館は、新型コロナウイルス感染症防止のため9月1日(水)から9月30日(木)まで臨時休館しておりましたが、10月1日(金)から再開館いたします。
臨時休館中にご来館を予定していただいていた皆様には、大変ご迷惑をおかけしました。
当館は今後もより一層の感染防止対策に取り組んで参ります。皆様のご来館をお待ちしております。




お知らせ一覧を見る