常設作品

ラプンツェル

ジェニファー・スタインカンプ

作品について

*常設作品のジェニファー・スタインカンプ [ラプンツェル] は企画展示の都合上、ご覧いただくことができません。ご了承くださいませ。

ジェニファー・スタインカンプは、グリム童話の『ラプンツェル(髪長媛)』からインスパイアされたビデオ・アニメーションを発表します。童話のなかで、妊娠中のラプンツェルの母親は、隣に住む魔女の庭に咲く食用の花、レポンスを夫に採りに行かせ、手に入れます。盗みが発覚したために、母親は花と引き換えに娘を魔女に差し出さなくてはならなくなりました。魔女はラプンツェルを高い塔の中に閉じ込め、訪ね人と面会するときはラプンツェルの長い髪を塔の上からたらさせ、それ伝いに人は塔に出入りします。この話は、自分の中毒のために子供を犠牲にする親たちの悲しい自画像でもあるのです。展示室には、童話に登場するおぞましくも美しい花と髪の毛をモチーフとしたCGが投影されます。意志をもったように、自然ではありえない激しい動きをする花は見る人にさまざまなストーリーを想像させます。UCLAのメデイアアート学部で教鞭をとる彼女は、ビデオやCGなど最先端のテクノロジーと人間の普遍的な問題を結び付けた作品を発表しています。

アーティスト

ジェニファー・スタインカンプ (アメリカ)

1958年生まれ、アメリカ・デンバー出身。パサデナ・アート・センター・カレッジ・オブ・デザイン卒業。ロサンジェルス在住。

**

1958年アメリカ生まれ。建築空間や動作、知覚についてのアイディアを深く探るため、映像やアニメーションといった常に新しいメディアを使い作品を発表し続けています。十和田市現代美術館では、グリム童話の『ラプンツェル(髪長姫)』から着想を得たビデオ・アニメーションを発表しました。童話に登場するおぞましくも美しい花をモチーフとしたCGが投影されます。意志をもったように、自然ではありえない激しい動きをする花は、観る人にさまざまなストーリーを想像させます。

コーズ・アンド・...

オン・クラウズ(...

常設作品

アート広場

ストリートファニチャー