美術館

RR Haiku 061

ラファエル・ローゼンダール


作品について

 ラファエル・ローゼンダールの作品は、インターネット空間の構造やモニタに表示されるブラウザのレイアウトから着想を得ています。それは、ウェブサイトで発表され、誰でもいつでも鑑賞(アクセス)することができます。
 「Haiku」シリーズは、ローゼンダールが日本の俳句に興味を持ち、制作を始めました。ローゼンダールは、俳句の色褪せない言葉の力や、作品が言葉(文字)であるがゆえに物質に拘束されず、自由に現実やウェブサイト上を行き交うことができる表現方法に惹かれました。「Haiku」は日本の伝統俳句のルールとは異なり、3行のフレーズで構成されています。本を開いたように言葉はレイアウトされ、5色ある背景の色は言葉の意味とは関係なくランダムに選ばれています。

What you have あなたが持っているもの
What you want あなたが欲しいもの
What you need あなたが必要なもの

 2018年に開催した企画展「ラファエル・ローゼンダール: ジェネロシティ 寛容さの美学」で展示された作品です。

※2021年5月15日現在:工事中のため、近くでの鑑賞はできません。あらかじめご了承ください。


アーティスト


美術館


アート広場


ストリートファニチャー


駐車場


現在非公開の収蔵品