常設作品

無題/デッド・スノー・ワールド・システム

ボッレ・セートレ

作品について

ガラスの空中回廊を抜けると、ボッレ・セートレのインスタレーションに遭遇します。入口に近づくとセンサーが反応し、自動ドアがすっと開き、全てが白で構成された空間が現れます。その白い空間に一歩足を踏み入れると背後で扉が閉まり、セートレの作品世界に入り込みます。角のない柔らかな形の部屋は、まるで宇宙船にいるように、重力を感じさせない奇妙な錯覚を観客にもたらします。作品は、白いアクリルのパネルや、巨大なミラーボールの反射光、オーロラを”再現集”した映像、それとともに流れてくる音楽などの要素で成り立っています。モニターにはブラウン管から発生するノイズを映像化して映し出しています。床には漠然となにかを暗示しているようなポーズの白げで覆われた動物が現れます。この作品は、スタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」やアンドレイ・タルコフスキー監督の「惑星ソラリス」など、クラシックなSF映画からインスピレーションを受けています。セートレは彼の頭の中にある創造の世界を、物語の要素を伴う作品として表現してきました。セートレの作品世界に入ることは、彼の空想物語を通して「旅をすること」と捉えることもでき、その旅へと誘う仕掛けが空間の随所に散りばめられているのです。

アーティスト

ボッレ・セートレ (ノルウェー)

1967年生まれ、ノルウェー・オスロ出身。ナショナル・アカデミー・オブ・ファイン・アーツ卒業。ニューヨーク、パリ、オスロ在住。

1967年ノルウェー生まれ。現代ノルウェー美術界を代表する若手アーティストで、ヨーロッパやアメリカを中心に作品を発表しています。60年代の映画に出てくるような宇宙船の内部のようにつくり込まれた空間は、特異な景色を生み出します。その近未来の光景は、しばしば動物や映像が取り入れられ、どこかレトロなデジャビュ感も漂います。彼の作品のなかにはいることは、彼の空想世界への「旅」のようでもあり、空想世界へと誘う仕掛けが作品の随所に見られます。

フライングマン・...

光の橋

常設作品

アート広場

ストリートファニチャー